本文へジャンプします。




« くやしいですっ! | トップページ | あげちゃいました♪ »

2011年2月 1日 (火)

速筋を鍛えよう!

筋肉には、遅筋速筋があります。

簡単に説明すると、

遅筋は、細くて持久力がある。

速筋は、太くてパワーがある。

トレーニング的には、

高回数の軽い負荷だと遅筋が鍛えられる。

低回数の重い負荷だと速筋が鍛えられる。

強度の低い日常生活では、遅筋が主に使われる。

なので、使われない速筋は 加齢と共に衰えやすい。

( ´_ゝ`)フーン

例えば 歩行は遅筋が使われ、 障害物をサッと避けたり

ジャンプしたり、走り出したりなどは速筋が使われます。

速筋が強化されていれば、つまずいた時に

瞬時に逆脚が出たり、手が出たりで

大きな事故を防げる。

がしかし、

速筋が衰えていると カラダの反応が遅れ、

怪我をする恐れがあります。

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

だから、

ソコソコ重い負荷でのトレーニングが不可欠。

重い負荷が苦手だなぁ~って方は、

加圧トレーニングがオススメです

加トレは、

自分が扱える最大負荷の20~40%程度の負荷で

速筋を鍛えられます。

20~40%という強度は、日常生活でも

頻繁に使われるくらいの軽負荷です。

( ´,_ゝ`)ヘェー

なので、初心者や女性、中高年の方々も

比較的容易に頑張れちゃいます!

その分、効果も現れやすいと思います♪

まだまだ、加圧の魅力はたくさんあるので

小出しに書いていきますね!

まっ、とにかく 老若男女問わず

“速筋”を積極的に鍛えましょー

128

(v^ー゜)ガンバロ!!

ARI-MAX.

| | コメント (2)

加圧トレーニング」カテゴリの記事


コメント

私は、東京マラソンに向けて遅筋を鍛えなければいけないのでしょうか?

投稿: スポーツのまさ | 2011年2月 2日 (水) 21時11分

スポーツのまささん!
ランニングは遅筋ですが、仕掛けたり ラストスパートは速筋が生きてきます。
野口みずき選手のように 力強く 仕掛けて抜け出すスピードが必要であれば速筋のトレーニングも♪
ただ、オーバートレーニングにご注意を!

投稿: ARI-MAX. | 2011年2月 2日 (水) 21時44分

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。